平成27年第3回定例会で一般質問

平成27年6月23日(火)10時から、

広島市議会自由民主党の会派を代表し、質問させて頂きました。

↓詳しくは、動画をご覧ください↓

photo

今回、質問した内容は、

市長の所信表明について3題と、

改選前から取り組んでいた、公共交通機関の乗り継ぎについて、

知的障害者の教育について、

そして、FM放送を利用した防災システムを質問させて頂きました。

 

公共交通機関の乗り継ぎについては

今後、予想される高齢化社会は2025年を堺に一段と進行し、

現在より、交通弱者と言われる方が増え、公共交通機関の重要性は

より一層増してきます。

そのような状況を踏まえ、より利便性の高い公共交通の有り方とは、

どのようなものなのか、私になりに検討し、質問させて頂きました。

その1つが、公共交通機関の乗り継ぎ割引制度の導入だと考え、

質問させて頂きました。

 

知的障害のある子供の教育について

知的障害のある子供は、個々の子供たちの特性や

発達段階に応じた適切な指導を継続的に行うことが重要です。

その過程で、教員の高い専門性と指導力が必要ですが、

現状ではなかなかできていません。

そこで、特別支援教育に携わる教員には、

広島市独自の資格制度の導入を提案させて頂きました。

 

防災システムについて

コミュニティーFMと提携し、

緊急放送起動信号(Jアラート)を自動配信によりFM電波で発信したり、

大雨や洪水警報の緊急放送を流したりという、緊急情報防災ラジオの

システムの構築を提案しました。

これは、ラジオの電源を切っていても

緊急放送起動信号(Jアラート)を受信したら、

自動的に電源がONになり、避難勧告などの音声も

このラジオで受信する事が可能であり、

また、避難後のあらゆる情報もこのラジオを使い流せるというものです。

 

議会活動一覧